国保わかやま
連合会コーナー
健康体操/手軽にできる健康体操
上松先生と楽しく脳エクササイズ
和(なごみ)レシピ
バックナンバー
在宅保健師の会
在宅保健師の会の紹介
各種様式ダウンロード
ダウンロードについて
保険医療機関関係
介護保険関係
特定健診関係
出産育児一時金関係
第三者行為(交通事故)関係
リンク
リンク集
サイトマップ
サイトマップ

 

 

ホーム > その他 > 上松先生と楽しく脳エクササイズ

上松先生と楽しく脳エクササイズ

 

 

VOL.3

じゃんけんで脳刺激!


じゃんけん絵の認識を両側後頭葉でし、空間認知を右頭頂葉で行い、注意が働き、両側前頭葉が賦活されます。
負けじゃんけんに慣れていないので、注意の転換を必要とします。
注意の前頭葉の前頭前野が強く働き、脳を活性化します。

両手で交互に、①~⑫の順にじゃんけんの絵を見て行いましょう。
勝ちじゃんけんの後に、負けじゃんけんをやってみよう!

 

 

 

和歌山県立医科大学大学院 保健看護学研究科教授
昭和56年3月 和歌山県立医科大学医学部卒業
59年7月 和歌山赤十字病院脳神経外科医員
62年1月 米国ニューヨーク州アルバートアインスタイン医科大学
モンテフィオーレ病院神経病理学部門研究員(2年間)
平成 2年2月 和歌山県立医科大学医学部脳神経外科助手
12年4月 和歌山県立医科大学医学部脳神経外科講師
16年4月 和歌山県立医科大学保健看護学部教授
20年4月 現職