国保わかやま
連合会コーナー
健康体操/手軽にできる健康体操
上松先生と楽しく脳エクササイズ
和(なごみ)レシピ
バックナンバー
在宅保健師の会
在宅保健師の会の紹介
各種様式ダウンロード
ダウンロードについて
保険医療機関関係
介護保険関係
特定健診関係
出産育児一時金関係
リンク
リンク集
サイトマップ
サイトマップ
ホーム > その他 > 和(なごみ)レシピ

和(なごみ)レシピ

 

体の内側からぽっかぽか♪

レンコンのすり流し汁

 
  ★調理時間 15分  
  ★エネルギー 68kcal  
  ★タンパク質 3.3g  
  ★脂質 2.0㎎  
  ★炭水化物 10.1g  
  ★ビタミンC 26㎎  
  ★カリウム 441㎎  
  ★食物繊維 1.7g  

                     

★食塩1.2g

 

   (1人分)

材料(2人分)

材料
分量
A だし汁 400cc
みそ 大さじ(18g)
少々
しょうゆ 2~3滴
レンコン 100g
レンコンチップス 2枚
おろし生姜 2g
青ネギの小口切り 適量
ゆず皮のスライス
(あれば)
少々
少量

作り方

みそ汁を作ります。だし汁を温め、みそを溶き入れ、塩(親指と人差し指でつまむ程度の量)としょ うゆで味を調えます。

レンコンの皮をむき、酢水につけて色変わりをふせぎ、灰汁をとります。水気を拭き取り、すりおろします。
レンコンチップスは、レンコンを薄くスライスし、少量の油で揚げておきます。

 
①の鍋に、レンコンのすりおろしを入れ、再度沸騰させます。  

お椀に流し入れ、レンコンチップス、おろし生姜、青ネギ、ゆず皮のスライスをのせて、 温かいうちに頂きます。

 

 

 

 

レンコンに含まれるビタミンCは強い加熱を加えても壊れにくい、といった特徴があります。     

レンコンの量でとろみを調節することができます。レンコンのすりおろしとレンコンチップスといった、違った食感を楽しんでください。

“レンコン”の効果・効能

 

糖質(でんぷん)
体を温める
ビタミンC
疲労回復・風邪予防・美肌効果・発がん物質の抑制
ムチン
胃壁を保護
たんぱく質や脂肪の消化促進
滋養強壮およびストレス緩和・免疫力向上の効果
タンニン
消炎・止血作用があり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍への効果を期待

 

今回は…
南條 伊津子 管理栄養士
南條 伊津子
公益社団法人和歌山県栄養士会の地域活動部会で、地域に密着した活動を積極的に行っています。

「冷え」から体を守るレシピ

昔から、体が冷えると病気になる(冷えは万病の元)といわれます。 体の冷えは、血のめぐりつまり血液の循環の滞りが原因とされています。 血のめぐりが悪くなると、身体に栄養や酸素が行きわたらず、 免疫力も低下して、多くの病気の始まりにもなることがあるのです。
そこで今回は、体を温めて「冷え」から守り、 胃腸の消化吸収を助けてくれる、レンコンを使ったレシピをご紹介しましょう。